2010年02月04日

天井に合わせ標識も円形に…首都高・山手トンネル(読売新聞)

 首都高中央環状線のうち、地下を通る「山手トンネル」の新宿―渋谷間(4・3キロ)が31日、報道関係者に公開された。

 開通は3月28日午後4時で、東名高速方面と東北・常磐道方面が都心部を通過しないで結ばれるため渋滞の緩和が期待されている。

 トンネルは最も深いところで地下約58メートルの地点を走る。非常口は350メートル以内に1か所設置。自動火災検知器も約25メートルおきに置かれている。

 この日は中央環状線のイメージキャラクターを務めるタレント、近藤真彦さん(45)もトンネル内を試走。近藤さんは「トンネルの天井の形に合わせて、標識の上部も円形にしているなど、温かい雰囲気になっている」と話していた。

潔白証明へ頑張る=小沢氏(時事通信)
<アセス>計画段階から実施 中環審専門委(毎日新聞)
日暮里舎人ライナーが運転再開(産経新聞)
3歳虐待死、父親に懲役6年=裁判員「親なのでショック」−那覇地裁(時事通信)
動く古代天井 CGの海の生物が動く…福井県立恐竜博物館(毎日新聞)
posted by サワムラ トシヒコ at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッセージ展 被害者遺品に受刑者も涙 東京・立川拘置所(毎日新聞)

 事件や事故の被害者の遺品を展示する「生命のメッセージ展」が28日、東京都立川市の立川拘置所で開かれた。拘置所での開催は初めて。涙を流す受刑者もおり、立ち会った遺族は「人生をやり直すきっかけにしてほしい」と話した。

 メッセージ展は、00年に飲酒運転事故で長男(当時19歳)を亡くした鈴木共子さん(60)=神奈川県座間市=が発案。全国70カ所以上で開催され、08年には初めて刑務所で開かれた。同拘置所では被害者感情を理解させるため開催を決めた。

 被害者41人分の等身大オブジェや靴などの遺品を展示。受刑者60人と拘置所職員約180人が涙を流したり、オブジェの前で手を合わせた。02年に三男(当時19歳)を事故で亡くした岩嵜悦子さん(59)=東京都多摩市=は「被害者と遺族の思いが伝わったと感じた」と語った。【伊澤拓也】

【関連ニュース】
交通死:年末年始86人 過去2番目の少なさ
ウッズ:姿見せずサイトに声明 無期限出場自粛
飲酒運転:根絶訴え、京都府警伏見署員が路上で寸劇
酒気帯び事故:県内、逮捕者が相次ぐ /宮崎
懲戒処分:普通科連隊の酒気帯び運転 陸曹4人、停職−−第6師団 /山形

【施政方針演説】全文(5)課題解決に向けた責任ある政治「戦後行政の大掃除」(産経新聞)
無理心中 妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
予科練こんなだった、資料・遺書など展示(読売新聞)
給油復活法案を決定=自民部会(時事通信)
首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)
posted by サワムラ トシヒコ at 02:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。