2010年01月26日

普天間、「現行案も依然候補」…岡田外相(読売新聞)

 岡田外相は23日、三重県桑名市で講演し、沖縄の米軍普天間飛行場の移設先について、「今の辺野古沿岸部という案も、あらゆる可能性を排除しないから、依然として候補だ」と述べ、現行計画の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)も選択肢に含まれるとの考えを示した。

 政府・与党の沖縄基地問題検討委員会での検討については、「与党3党で当事者意識を持ち、(民主党だけでなく)他の2党にも難しさを分かってもらうのが大切だ」と述べ、社民党と国民新党に現実的解決に向けた協力を求めた。

法制局長官陪席の打診否定=平野官房長官(時事通信)
<自殺>高1長男、警官の父親の拳銃使用?岡山の駐在所(毎日新聞)
参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)
3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト(医療介護CBニュース)
淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)
posted by サワムラ トシヒコ at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。